初心者でも大丈夫!自分オリジナルのスマホゲームを製作する方法を徹底解説!

未経験者でもできるスマホゲーム製作の初歩から販売まで全解説!

一言でスマホゲームを作るといっても、iphoneとAndroidの違いもあります。 またプログラミングには言語の知識も必要になります。 ここでは、未経験者がゲームを作るのに向いたスマホの種類や、プログラミングの知識がなくともゲームを製作できるツールについて解説します。

超大作でも大丈夫?スマホゲームで好まれるゲームのジャンル

ここでは、スマホゲームのユーザー層に好まれ、スマホアプリとしてヒットしやすいゲームの傾向を解説します。 またゲームが好きな人には、大作ゲームの製作に挑戦したいという人もいるでしょう。 そこで、スマホゲームで大作を作る場合の手数や費用についても説明します。

販売?課金?広告?自作のスマホゲームで利益を出す方法とは?

スマホゲームが完成したとして、問題は利益の出し方です。 スマホゲームで利益を得る方法としては、有料アプリとして販売する、ゲーム内での課金、広告収入などがあります。 ここでは、ゲームの魅力を損なわず、ユーザーに抵抗なく課金する、また広告収入を得る方法を解説します。

スマホゲーム作りに向いたスマホの種類とゲーム製作アプリ

スマートフォン用にゲームを作る、というと、未経験者にはきわめてハードルが高いイメージがあります。
確かに一般的に有名なスマホゲームというと、壮大で手の込んだRPGやシミュレーションなど、システム設計やシナリオ、キャラクターデザイン、作曲といった、数々の専門家が集まって製作されたものが多いようです。
しかし、ゲームとは本来「遊戯」です。
アイデア次第で、シンプルでも面白いものを作ることは十分に可能です。

例えば、旧ソ連で開発されて世界的に大ヒットし、いわゆる落ちものパズルの元祖となった「テトリス」は、基本のシステムは実にシンプルなものでした。
またいわゆるサウンドノベルなども、ゲーム製作技術よりも、シナリオ次第でプレイヤーを魅了できるジャンルになります。
つまりゲームの魅力の本質とは、プレイして楽しいアイデアと工夫にあります。

一人や数人で作った、見た目は地味なゲームでも、抜群のアイデアと楽しませる工夫によってスマホゲーの大ヒット作になった例はいくつもあります。
ここではアプリを使った制作方法から、広く売れいれられる受け入れられるゲームを作るポイント。さらには課金のテクニックまで、未経験者でもできる、オリジナルスマホゲーの作り方ついて解説します。
アイデアと工夫次第で、大ヒット作を製作して一攫千金も決して夢ではありません。
昔からゲームが好きで、製作者になることが夢だった人も、ぜひ一度チャレンジしてみてください。