初心者でも大丈夫!自分オリジナルのスマホゲームを製作する方法を徹底解説!

>

販売?課金?広告?自作のスマホゲームで利益を出す方法とは?

スマホゲームで課金する方法とは?

製作したゲームアプリを、あくまで趣味として無料で提供するなら、それもいいでしょう。
しかしもし課金する場合は、その方法が問題になります。
単に有料アプリとして販売するとして、まだ世間で知られないゲームを有料にしても、まず売れるものではありません。

課金の方法としては、まずプレイそのものは無料で、例えば無料でプレイできるのは一日数回のみとして、それ以上プレイしたい場合を有料にする。
また無料プレイではある一定ステージ以降には進めない、一部の機能を利用できない設定にする。
ゲーム内で重要なアイテムを有料にするなどの方法があります。

ただ、それでプレイヤーに課金させるには、やはりゲームそのものが魅力的で、より深くプレイしたい奥行きを感じさせる必要があります。

スマホゲームで広告収入を得る方法

スマホゲームで利益を得るための手法に、ゲームそのものは無料にして、バナー広告などの広告費で稼ぐという方法があります。
ただこれも、プレイ中の画面の多くを広告が占めてしまい、プレイヤーにうっとうしく思われる恐れがあります。

プレイヤーに無用のストレスをかけることは、即ちゲームの魅力を減ずることになります。
スマホゲームを広くプレイしてもらうには、ゲームそのものを少しでも快適にプレイできるシステムが肝要なのです。
ヒットしたあるスマホゲームでは、プレイ中の画面には広告を出さない代わりに、十数秒の動画広告を一度見るごとに、ゲームをプレイできるコインを何枚か得られるシステムにして成功したものがあります。
広告で利益を得るにしても、なによりゲームそのものを快適にプレイできる工夫が重要になります。


この記事をシェアする